2009年05月30日

1197 久々の快勝

甲子園でのまさかのリリーフ登板から中3日空けて成瀬が先発。前半はコントロールに微妙な狂いが生じ球数が多く苦労し4回に連打で失点しましたが5回以降はパーフェクト。7回5安打2失点と好投しました。

初回は井口の2ラン、3回は大松、里崎の連続タイムリーと早いイニングから相手先発ユウキを攻略した打線ですが、これっていずれも1・2番が凡退した後の二死無走者からの得点なのですよね。3番に入ったサブローが起点となりうまく打線が繋がりました。それにしても満塁で無得点というシーンを何度も見ているのに今日は二死無走者からこれだけ得点が入るとは…マリーンズというチームは本当に不思議です(笑)

7回の得点は先日致命的な失策を侵してしまった早坂が汚名返上とばかりに頑張りました。西岡の代走で二塁ランナーに起用されるとなんと初球から三盗。走った瞬間セーフとわかるくらい投手のモーションをうまく盗みましたね。その後のサブローの外野フライも定位置より若干浅い打球でしたが積極果敢に本塁へ。早坂の足で奪った1点といっていいと思います。

最後に荻野がセンター返しを連発され1点失った(だからこそ早坂の足で奪った1点が大きかった)のが気になりますが久々に投打が噛み合っての快勝でした。明日は大嶺でしょうか?そろそろマリンスタジアムで初勝利を挙げてほしいですね。
posted by あ at 23:52| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

1196 守乱で逆転負け

M3ー4C

公式を見ただけなので簡潔に…

早い回に先制するもその後は追加点を奪えず、守備の乱れで逆転負けとは何だか前日の再現のようになってしまったようで…

慣れない地方球場のグラウンドとはいえ浦和で何年も鍛えられた筈の早坂は言い訳は出来ないだろう。小林宏が頑張っていただけに残念で仕方ない。

西岡とサブローが途中交代。何処か痛めたのでしょうか?二人共最近調子が良かっただけに大事に至らなければいいのですが…
posted by あ at 04:48| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1195 平成21年度事業計画発表

27日に京成から今年度の設備投資計画がリリースされました。


最も気になるのはやはり成田高速鉄道関連。車両面ではいずれも8連の新AE形8編成と新型特急用車両6編成が導入され、このうち新AE形については既に1編成が宗吾参道に搬入されています。

問題は「新型特急用車両」。これはどんな車両になるのかまだわからない。「特急用」と謳っているからにはクロスシート車、若しくは近鉄L/Cカーのようなデュアルシート車を期待したいところだがここで言う「特急」とはあくまでも京成や北総で言うところの「料金不要の特急」なのでスカイライナーと差別化する為にもやはりロングシート車と予想するのが無難といったところだろうか。新AE形同様今までの京成に無い斬新なスタイルの車両である事を期待したいと思います。

一方インフラ面では引き続き日暮里駅の改良と高砂駅の金町線高架化が推進されます。どちらも現在工事は佳境に入っており急ピッチで進められています。


成田高速鉄道関連以外での主なものでは葛飾、墨田両区を走る押上線連続立体化工事が挙げられます。今年度も未だ用地買収、設計の段階だが平和橋通りと明治通りの混雑緩和の為に早急に改善願いたい。とはいえ今京成にとってはやはり成田高速鉄道プロジェクトの方が重要だろうからこちらはもう暫く時間が掛かるのではないだろうか。


話が戻るが、冒頭で書いた「新型特急用車両」は8連×6編成=48両。これは現在残る3300形(4連×8編成)と3500形未更新車(4連×4編成)の総数と一致する。つまり、いよいよこの両形式に終焉が近付いている事を意味している。特に3500形未更新車は私が物心ついた頃からずっと見て来ている車両で当時と比較しても帯や方向幕の地色の変化と前面の殆ど使用されなかった「めくり板」が撤去された程度でこれといった大きな改造もなく走り続けてきた車両だけに無くなる寂しさは隠しきれないのです。
posted by あ at 04:32| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。