2009年11月21日

1412 特急つばめとその時代展

これは日本最古の駅、旧新橋駅のプラットホームです。1872年10月14日に開業。その後関東大震災により駅舎共々跡形もなく消えてしまったのだが2003年に復元されたものです。復元に際して、駅舎の内部を「鉄道歴史保存室」として無料開放するようになりました。今日はこちらへ出掛けて来ました。ここでは「特急つばめとその時代」展が開催されていました。

「つばめ」の始まりは1930年に運転開始した東京〜神戸間の特急につけられた愛称です。戦中悪化により一旦中断しますが戦後すぐに復活、その後1964年の東海道新幹線開業により運転区間を山陽〜九州へ変更するも1975年の山陽新幹線博多開業により廃止。暫くブランクが空きましたが1992年に博多〜西鹿児島(当時)の特急として再び復活。現在は九州新幹線に引き継がれています。その「つばめ」の歴史を写真やビデオ、年表形式で紹介しています。また、当時のダイヤ等の展示物も豊富に揃っています。

館内撮影禁止の為画像をお見せ出来ないのが残念なのだが、個人的に目を引いたのは今年引退した「ムーミン」ことEF55形の1号機。客車時代に「つばめ」牽引経験のあるこの機関車のプレートや銘板が展示されているのに驚きました。

この展示は23日まで開催されていますので興味のある方、是非行かれてみては如何でしょうか?
posted by あ at 22:28| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。