2009年11月23日

1414 シーズン回顧E 里崎

出場124試合 .234 10本 49打点昨年痛めた肘の治療に専念する為にWBCへの出場要請を敢えて辞退、また開幕前には全試合出場を高らかと宣言。その位今季にかける意気込みは素晴らしかったのですが残念ながら結果が伴いませんでした。因みに打率は規定打席到達者の中で最下位です。

捕手という事で打撃は二の次としてもクリーンアップに入る事もある打者がこの数字ではちと寂しすぎます。シーズン中にも何度か書きましたが、この選手は常時7〜8番辺りで悠々自適に打たせるのがベストであると考えます。

また前の打席で打たれた同じ球をしつこく要求するという強気のリードは里崎の持ち味としていいのですが、今季はそれが仇となり返り討ちに遭う事がしばしばありました。ここは少し改善の余地ありでないかと考えます。ただ、守りではバックネット方向へのファールフライをスライディングしながら好捕する場面が多々見受けられこれについては十分及第点を挙げていいかと思います。

来季の里崎には追い風が2つ吹いていると考えます。一つは橋本将がFA移籍した事。これで余程のアクシデントが無い限り先発マスクを被るのではないでしょうか。的場や斉藤とはまだまだ開きがあります。
もう一つはキャプテンの任を解かれた事。本人は悔しがっているかどうかはわかりませんが、捕手とキャプテンの掛け持ちだと色々大変な苦労があったのではないでしょうか?プレーに集中出来る為私はこれで良かったと思います。

数字的には最低でも今季より打率を3分、本塁打5本の上乗せはほしいですね。そうすれば自ずと打点も20位は上乗せされるでしょう。またこれは里崎だけの責任とは言い難いですが、チーム防御率を3点台に下げてほしいものです。
posted by あ at 02:32| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1413 北東北・北海道旅行記H〜八戸駅にて

「はまなす」は早朝5時39分定刻通り青森到着。青森からは5時52分発E751系使用の「つがる2号」に乗り継ぎ八戸へ向かいます。6時48分到着。ここでこの駅にやって来る車両をいくつかウオッチングしてみました。往路で特急用車両を紹介しましたので、今回はそれ以外の車両になります。まずは701系。東北地区の交流電化区間の大半で見られる車両です。同じ701系でもこちらはIGR所属車。側面にはこのようなロゴが入っています。こちらは八戸線のキハ40系。懐かしのタラコ塗装車にも遭遇出来ました!

八戸線は八戸と久慈の間を三陸海岸沿いに結ぶ路線ですが、このうち途中の鮫までは「八戸市内線」の愛称がついています。「○○市内線」というと路面電車をイメージしてしまいがちですがここは単線非電化のローカル線です(爆)



八戸8時01分発「はやて6号」に乗車。このまま真直ぐ乗り通せば上野には午前中に到着出来るがこの日(7月13日)は夕方からの勤務なのでその必要はない。盛岡で下車し再び東北本線に乗換えました。
posted by あ at 02:04| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。