2009年12月26日

1446 シーズン回顧R 古谷

登板4試合 0勝0敗0S 11.81

内同様3年ぶりに一軍昇格を果たしたもののこちらは残念ながら定着するまでには到らず。僅か4試合投げたのみにとどまり結局シーズンの大半を二軍で過ごす事になってしまいました。

毎年二軍ではイニング数とほぼ同じ数の三振を奪うのでそれなりに力はあるのでしょうがなかなか殻を破れないままでいます。もう一つ何か特徴がほしいところです。年齢的に現状以上の球速アップは難しいでしょうから変化球の精度を高めるなりしないと一軍では通用しません。5回1/3イニングで6個の四死球はちと酷過ぎます。

来季も二軍生活ばかりだと戦力外通告されてもおかしくないような気がします。素材はいいものを持っているのですからこれを活かして何とか一軍の壁を破ってほしいですね。
posted by あ at 00:12| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

1445 北陸旅行記C〜のと鉄道に乗って

和倉温泉と穴水の間28キロはかつては七尾線の一部でしたが現在は第三セクターののと鉄道に移管されています。和倉温泉14時29分発の穴水行きは単行のワンマンカーにも関わらず団体客で超満員。車内は関西弁のおばちゃん達の話声が響いていました。この列車、よく見ると七尾で大阪発の「サンダーバード」の接続を受けて発車というダイヤだったのですね。仕方なくデッキ近くに立つ事にします。列車は能登半島のつけ根を富山湾に沿って走ります。

途中の能登中島駅には何と…国鉄時代の郵便客車やパノラマ列車「のと恋路号」の廃車体が保存されていました。が、海が近い為かいずれもあちこちに錆が浮き出ており非常に痛々しい状況です。折角保存するのなら何とか綺麗な状態を保ってほしいですね。15時05分に穴水に到着。ここはかつては輪島方面と珠洲方面への分岐駅だったのですが現在はどちらも廃線となりここで行き止まりとなっています。駅名標の右側の隣の駅名が消された跡があるのがおわかり頂けるかと思います。分岐駅から一転盲腸線の終着駅になってしまった例としては他にかつての名鉄黒野駅が挙げられますが、こちらは残念ながら既に現存していません。

ここで暫くの間、駅付近の廃線跡を散策してみました。
posted by あ at 23:40| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

1444 シーズン回顧Q 田中雅

出場41試合 .266 1本 8打点

昨年より出場試合数は減り打撃成績はほぼ横ばいでしたが、ここ一番の代打での貴重な働きが目立ち貢献度という点では昨年より明らかに上をいきました。

6月11日のカープ戦で日本新記録となるイニング14得点目の犠牲フライを放ちお立ち台に立ったのも印象深いですが、その直前の6月6日のドラゴンズ戦、山本昌に早目に追い込まれながらも7球位ファールで粘った末放った同点タイムリー。がむしゃらに食らい付く田中雅らしいヒットでしたのでむしろこちらの方が印象に残っています。

守備では井口の故障時にセカンド、今江の故障時にサードに入る等相変わらずのユーティリティーぶりを発揮してくれました。捕手につく機会は殆どありませんでしたが、それでも数少ないマスクを被った試合では内外野に守備位置の指示を出すシーンもありました。おそらく捕手に最も執着したいという気持ちが強いのでしょう。意外な一面を垣間見る事が出来ました。

橋本将の移籍により来季はおそらく捕手業に専念するものでしょう。まずは的場や斉藤を抑えて二番手捕手の座を勝ち取る事。打撃面ではこの二人に対してアドバンテージがありますのでその可能性は高いとみます。あとはリード面を鍛えて里崎に挑戦状をたたき付ける位の意気込みで臨んでほしいと思います。
posted by あ at 00:52| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。