2009年12月11日

1431 シーズン回顧L 成瀬

登板23試合 11勝5敗0S 3.28

キャンプ中に痛めた足の故障により開幕には出遅れました。すぐに一軍登録されるもののその影響によるものなのか前半戦は不本意な投球が続きました。しかし徐々に持ち直し後半戦では7連勝を記録するなどし終わってみれば防御率は昨年並みに戻しチームで唯一の二桁勝利となる11勝を挙げる事が出来ました。私的には今季のチームMVPに推したいと思います。

成瀬の持ち味といえばテンポ良く投げる投球と巧みなコントロールが挙げられます。昨年はそれがなかなか発揮されなかったのですが今季、特に後半戦では一昨年の良い時の状態に戻ってきたように感じます。また、顔つきに精悍さが増したようにも見えました。更に素人目には一回り痩せたようにも見えたのですがもしかしたらその効果が表れたのかもしれません。

先日の契約更改で1億円プレーヤーの仲間入りしましたがこれに甘える事なく更なる精進に励んでほしいものです。余程の事が無い限り来季の開幕投手最有力候補に抜擢されるでしょう。そこで弾みをつけ来季は年間通じて今季後半のような投球を魅せてほしいと思います。数字的には15勝と防御率2点台を期待します。
posted by あ at 22:52| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1430 早すぎる引退

久し振りに他球団の話題でも…

タイガース赤星憲広選手の突然の引退発表、実に衝撃的でした。個人的に尊敬していた選手だったので凄く残念です。

プレー中の脊髄損傷によりシーズン終盤からリタイアしていたのは知っていました。なので来年の開幕までに完治すればいいなあと密かに心配していたのだがそれがまさか野球人生どころか最悪生命の危機になりかねない怪我だったと言われればやむを得ない決断であったと思います。

赤星といえば毎年自身の盗塁数に応じて車椅子を寄贈するという社会奉仕活動をしていたという事でも知られている。これが冒頭で書いた「尊敬していた」理由なのだが、引退会見の新聞記事を見て更に尊敬する理由が見つかってしまった。それは…

「100%の全力プレーを続ける事が困難になったので引退を決意しました」と言う言葉。思わずうなってしまった。実に潔いというか何というか…と同時にプロの世界はそんなにも厳しいものだという事を改めて再認識させられました。

まだ33歳、あまりにも早すぎる引退は凄く残念だが近い将来指導者として復帰する日が来る事を願いたいと思います。9年間お疲れ様でした。
posted by あ at 02:12| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。