2009年12月17日

1439 シーズン回顧O 大塚

出場6試合 .000 0本 0打点

珍しく(?)シーズンを通じて一軍帯同した昨年から一転して大半を二軍で過ごしてしまいました。キャンプ中の故障により出遅れ6月中旬にやっと一軍昇格。しかしそれも束の間でバントミスと失策を立て続けに冒してしまい僅か6試合で二軍降格。以降一軍に呼び戻される事はありませんでした。

二軍ではそれなりの成績を残しましたが若手に守備を経験させる意味なのかはたまた故障の影響なのか大半がDHでの出場でした。これは2006年の林と被るものがあります。林はこの年限りで引退しましたので年齢的にも近い大塚も今季限りで引退するのではないかという危惧がありました。しかしこのままでは終われないという想いが強かったのでしょう。来季も現役続行してくれるようで「大塚明体操」ファンの私としては嬉しい限りです(笑)

早川が移籍したとはいえ荻野貴や清田の入団、また正式にコンバートされるであろう早坂の存在等により外野の定位置を確保するのは厳しいと思われますが、同期入団の小野や福浦に負けじとここ一番での存在感を示してほしいものです。
posted by あ at 20:44| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1438 北陸旅行記A〜金沢から和倉温泉へ

10月28日、金沢7時36分発の七尾行きに乗車します。車両は415系800番台の3両編成。京阪神地区で活躍していた113系に「北近畿」用485系の交流機器を載せ改造された車両です。交流機器が抜かれた「北近畿」の485系は183系に形式変更されました。七尾線は全てこの形式で運用されており一部に北陸本線の小松方面へ足を伸ばすものもあります。

北陸本線を津幡まで戻り七尾線に入るとデットセクション通過で一旦車内の電気が全て消えます。平日の朝ですので車内は高校生で満員でしたが本津幡で一斉に下車。二〜三人でワンボックスを共有出来る程度の乗車率となりました。

その後宇野気、羽咋で比較的まとまった乗降があり羽咋から先は一人でワンボックスを占領出来る程度の乗車率となり9時08分七尾着。ここでのと鉄道のディーゼルカーに乗換えます。4分の接続で9時12分発、次の和倉温泉で下車します。

ところでこの七尾〜和倉温泉間、戸籍上はJR七尾線ですがこの区間を走るJRの車両は「サンダーバード」等の特急のみで普通列車は全てのと鉄道のディーゼルカーが乗り入れる形となっています。従って415系800番台が和倉温泉まで入る事は通常ではあり得ません。細かい事はよくわかりませんが(苦笑)JR西日本が第2種事業者、のと鉄道が第3種事業者と区分されているようです。和倉温泉9時17分着。単行のワンマンカーなので運転士に周遊きっぷを提示して下車します。JR西日本の駅名標で所在地入りのものはレアなのでは?と思ったのですがこれについては後である法則を発見しましたので別の機会に触れてみます。

先程金沢駅前で朝風呂に入ったばかりですが、折角温泉と名の付く駅に降りましたので再びひとっ風呂浴びる事にします。
posted by あ at 20:20| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1437 愛称決定「成田スカイアクセス」

現在着々と開業準備が進められている成田高速鉄道プロジェクトですが、この度新線の開業時期を来年7月に予定、また現行の北総線を含む高砂〜成田空港の路線愛称を公募の中から「成田スカイアクセス」に決定したと京成からリリースされました。

新ルートを走るのは日暮里〜空港第2ビル間をノンストップ36分で結ぶスカイライナーと特急が毎時3本ずつ。更に京成本線経由の特急も現行通り3本走りますので一時間に最大9本運転されます。「成田スカイアクセス」線内の停車駅は高砂・東松戸・新鎌ヶ谷・千葉ニュータウン中央・印旛日本医大・成田湯川・空港第2ビル・成田空港。成田湯川が停車駅に入っているという事は各停はおそらく現行通り印旛日本医大や印西牧の原で折り返すと考えて差し支え無いものと思います。

運賃は上野〜成田空港間1200円。現行の上野〜印旛日本医大間が1070円である事を考えるとよく抑えたなあという印象があります。ライナー料金は1200円で合計2400円となります。NEXの東京〜成田空港間2940円より割安で十分対抗出来ると思います。が、ここで一つの問題が生じてしまいます。

高砂以西の各駅(浅草線・京急線方面を含む)と空港第2ビルor成田空港間を利用した場合の運賃の収拾方法をどう分けるかです。例えば上野〜成田空港間の場合、新線経由1200円に対して現行の京成本線経由は1000円ですので、1000円で新線経由を乗車出来てしまうのではないかという事です。

これを解決するには空港第2ビル・成田空港の両駅共新線経由と京成本線経由で改札を分けるというのが理想かと思いますがそれには列車の停止位置も分ける必要がある為現実的ではありません。新線内で検札するのも一つの手ですが紙の切符ならまだしもPASMOやSuicaではこれも難しいのではないでしょうか。果たしてどうするのか気になります。

兎も角「成田スカイアクセス」を走る新AE形と3050形、早く見たいと思う今日この頃です。
posted by あ at 01:08| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。