2009年12月23日

1444 シーズン回顧Q 田中雅

出場41試合 .266 1本 8打点

昨年より出場試合数は減り打撃成績はほぼ横ばいでしたが、ここ一番の代打での貴重な働きが目立ち貢献度という点では昨年より明らかに上をいきました。

6月11日のカープ戦で日本新記録となるイニング14得点目の犠牲フライを放ちお立ち台に立ったのも印象深いですが、その直前の6月6日のドラゴンズ戦、山本昌に早目に追い込まれながらも7球位ファールで粘った末放った同点タイムリー。がむしゃらに食らい付く田中雅らしいヒットでしたのでむしろこちらの方が印象に残っています。

守備では井口の故障時にセカンド、今江の故障時にサードに入る等相変わらずのユーティリティーぶりを発揮してくれました。捕手につく機会は殆どありませんでしたが、それでも数少ないマスクを被った試合では内外野に守備位置の指示を出すシーンもありました。おそらく捕手に最も執着したいという気持ちが強いのでしょう。意外な一面を垣間見る事が出来ました。

橋本将の移籍により来季はおそらく捕手業に専念するものでしょう。まずは的場や斉藤を抑えて二番手捕手の座を勝ち取る事。打撃面ではこの二人に対してアドバンテージがありますのでその可能性は高いとみます。あとはリード面を鍛えて里崎に挑戦状をたたき付ける位の意気込みで臨んでほしいと思います。
posted by あ at 00:52| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1443 2010.3/13JR東日本ダイヤ改正

いささか古い話だが、来年3月13日に実施されるJRグループのダイヤ改正の概要が18日に発表されていました。このうちJR東日本の首都圏地区について簡単にまとめてみます。

最大の目玉は横須賀線に武蔵小杉駅が開業する事だろうか。この駅は現在南武線と東急東横・目黒線の接続駅として川崎市北西部屈指の要衛という重要な役割を果たしているが、これが更に増す。横須賀線や湘南新宿ラインのみならず何と横浜方面発着のNEXも全列車するようだ。

そのNEXも今改正で合計27往復に増発されうち約半数の13往復がE259系での運転となる。これは7月に開業する「成田スカイアクセス」に対して先手を打つという意味だろうか。今後もE259系の増備に伴い253系の淘汰が進むと思われます。

また、これまで武蔵小杉から渋谷や横浜へ行くには東急東横線利用が常識だったが湘南新宿ラインでも乗換え無しで行けるようになる。運賃と本数では東急に分があるが所要時間ではJRが有利のようだ。果たしてどの程度の乗客が流れるでしょうか…

続いては「東京外環状線(メガループ)」の利便性の向上。横浜線の快速と武蔵野線の京葉線東京直通列車がいずれも1本/時増発されます。これに伴い後者では西船橋〜南船橋間に新たに区間列車が1本/時設定されるようですが、盲腸線でない路線で一駅間だけの区間列車(所謂「チョン行」)が頻繁運転される例は非常に珍しいのではないでしょうか?

京葉線直通といえば内房線の特急「さざなみ」が一部廃止、区間短縮される事も挙げておきましょう。館山自動車道の開通以降苦戦を強いられている「さざなみ」だが、今回はアクアラインの大幅値下げにより更にダメージを受けたのではないだろうかと推測します。千葉出身者としては少し残念ですね(泣)

京葉線でもう一つ。ダイヤ改正とは直接関係ないが、夏以降にE233系の増備が予定されており…中央線共々いよいよ201系の終焉が近付いているようです。これが実現すると東京駅に顔を出す通勤形の塗装車は消滅する事になります。時代の流れとはいえ寂しくなりますね。
posted by あ at 00:20| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。