2010年08月31日

1698 北勢紀行1〜快速「みえ」で四日市へ

6月4日〜5日にナゴヤドームで行われたマリーンズの試合に参戦していたのですが、その際例によって(笑)空いた時間を利用し周辺の乗り鉄も堪能してきました。今回足を延ばしたのは三重県北部、所謂「北勢」と呼ばれる地域です。その様子を書いてみたいと思います。

9時16分に「こだま631号」で名古屋に到着。関西本線に乗り換え四日市へ向かいますが「ぷらっとこだま」利用でしたので一旦改札を出て改めて切符を購入します。名古屋〜四日市間は37.2キロありこれをそのまま幹線運賃に適用すると650円なのだが並行する近鉄名古屋線と対抗する為「特定運賃」を適用。近鉄の610円に対し460円とかなり割安となります。途中の桑名等近距離区間は同様にかなり割安となっていますが逆に遠距離区間(津や松阪・伊勢市方面)に特定運賃は設定されず、更に間に伊勢鉄道を挟む為この区間では近鉄利用の方が安くなります。乗車したのは快速「みえ」のキハ75形。快速ながらも一部指定席が設けられています。

関西本線の名古屋〜四日市間は単線と複線区間が混在しておりまた車両も電車、気動車等色々あり面白い。ほぼ並行する近鉄名古屋線も特急から通勤車まで種々様々の車両が次から次へとやってくるので見ていて飽きません。更に途中ではこの後訪問する事になる全国的に珍しいナローゲージの車両も見る事ができバラエティーに富んでいます。名古屋から約30分程で到着。運が良ければ伊勢鉄道のレールバスも拝められるのだが生憎姿は見られませんでした(泣)ここから近鉄四日市駅まで約10分程歩き次の目的地へ向かいます。
posted by あ at 15:12| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

1697 またまた一日天下

土曜の夕方から日曜にかけて全く自分の時間が取れなかったので今更ながら2試合まとめて簡潔に…

M500400000 9
H000103200 6

まさか吉見vs杉内で勝てるとは思いませんでしたね。杉内の自滅が勝てた最大の要因であるのだが大松の3ランも大きかったのでないかと。初回2点で終わるのとビッグイニングとなるのは大違い。先週の菊地原に続き左腕からの一発でしたのでこれを機に徐々に調子を取り戻してほしいものです。

ただ、吉見にはあれだけの点差があったのですから完投は兎も角せめて7回あたりまでは投げて欲しかったですね。3失点程度に抑えられれば残り2回を上野と根本で凌ぐ事も十分可能だった筈。ところが早めに捕まってしまい古谷や薮田を無駄遣い、更にこの二人が炎上した為小野や小林まで使ってしまうようでは折角の勝ちも嬉しさ半減といったところです。とはいえ土曜日終了時点で再び一旦首位に並んだのですが…

M100000000 1
H00020000× 2

大隣に対し初回に金のタイムリーで先制するがペンが4回に捕まり逆転を許しそのまま敗戦。5回以降のペンや古谷、薮田が踏ん張っていただけに打線の奮起を期待していたのですが相手の早めの継投に阻まれチャンスに後一本出ず。またしても森福に抑えられた6回の攻撃が痛かったですね。最後も馬原を「あわや」と追い詰めたのですが…またもや首位の座を一日で下りる結果となってしまいました(泣)

昨日今日と左腕相手にスタメン起用されたものの2試合合わせて5打数ノーヒットの3三振(うち見逃し2つ)。サブローの離脱や福浦との兼ね合いで何とか一軍に踏みとどまっている竹原だがここまで結果が出ないと流石にやばいのではなかろうか。右の代打やDHであればベテラン堀や今岡、外野手であれば若い角中や神戸。最近二軍戦はとんとご無沙汰なのでこれらの選手の状況を把握していないのだが、せめて一人位好調の選手はいるだろう。絶対入れ替えるべきであると考えます。
posted by あ at 01:28| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

1696 あえなく一日天下

M000200000 2
H30010000× 4

昨日走塁中に足を痛めたサブロー(だから代走岡田だったらしい)、太もも肉離れで抹消。代替でムニスが上がったもののこの時期の離脱は正直痛いです。

今日は見ていないので結果のみ。勝てば単独首位という大事な大事なアタックチャ〜ンス…じゃなかった(爆)ゲームでしたがまたしても成瀬がやってしまったようで…相手に簡単に先制を許したり味方が追い上げた直後に失点したり二死から失点したり…これではとても「エース」とは呼べません。

打線も中盤の二度の満塁のチャンスに押し出しと併殺の間に2点返しただけ。相手の早めの継投策にやられてしまいました。甲藤に続いて今度は森福ですか。先発の山田も含めて次から次へと若い投手が台頭してくるホークスが羨ましい限りです。

明日は杉内なのであまり点を取れないでしょうから吉見がどこまで踏ん張れるかがカギですね。吉見vs杉内は過去二度対戦しいずれも散々な結果に終わっているので今度こそ「三度目の正直」といきたいものです。「二度ある事は三度ある」になってはダメです!
posted by あ at 02:32| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。