2010年08月27日

1694 千葉出身コンビの活躍で40年ぶりの快挙

先発唐川は初回、片岡のヒットからピンチを招くと中島にタイムリーを浴び先制を許します。2〜4回も毎回得点圏に走者を置く苦しい投球でしたがどうにか凌ぎます。

すると打線は西口に対し5回二死から西岡、今江、井口の3連打で追いつきます。更に金が歩き満塁となるものの福浦倒れ同点止まり。6回も満塁のチャンスを活かせず。ま、この辺りはいつもの事ですね(笑)

5回以降の唐川はそれまでと別人のような投球でノーヒットピッチング。四球を与えた場面もありましたが全体的に安心して見られました。8回まで投げ抜き味方の勝ち越し点を待ちます。

8回裏の攻撃。3番手長田に対しサブロー四球、大松ヒットで無死1・3塁のチャンス。的場倒れるも清田がレフトへ犠牲フライ。やや浅い当たりでしたが代走岡田が果敢に突っ込み間一髪セーフ!おそらくサブローだとアウトだったと思われる際どい判定でした。これが決勝点となり最後は小林が危ない打球がありながらも三凡で抑え逃げ切りました。

ヒロインは唐川と清田の千葉出身コンビ。清田はプロ入り初のお立ち台です。小宮山引退、早川移籍、手じま(←正確な漢字に変換出来ないorz…)戦力外通告によりめっきり減った千葉出身選手ですが、こういう活躍は嬉しいですね。いつか福浦とトリオでのお立ち台も見てみたいものです。

今日の勝利で勝率僅かの差ながらライオンズを追い抜き、更に引き分けたホークスと全くの同率で首位に並びました。8月に首位に立つのは1シーズン制だと優勝した1970年以来何と40年ぶりの快挙なのだそうです(1974年は前後期制・2005年は2位止まり)。明日からそのホークスと3連戦、どちらが勝ち越すのか非常に興味があります。あ〜福岡行きたいなぁ…(爆)
posted by あ at 01:52| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。